相談事例

お互いの意思確認忘れてませんか?

  • 浮気・セックス
年齢:33歳
性別:女性
家族構成:夫:40歳 子ども:なし

【相談事項】

離婚を考えています。
結婚して5年。子供はいません。
結婚してから、ずっと心が満たされず、むなしい気持ちで過ごしています。
私は結婚して、夫と子どもに囲まれた幸せな家庭を築いていきたいと思っていました。

ところが、夫とは1年以上もセックスレスです。
そのことについては、私から何度も話をしましたが、夫はいろいろと言い訳をしてから「最近は性欲がないだけ…キミのせいじゃない」と言います。
そのくせ「子どもはほしい」と言ったりもします。
私は、夫婦関係が上手くいかないのは、自分のせいではないか、と悩んできました。そして、夫からは無視をされたり、ひどいことを言われたこともあり、妻としても、女性としても惨めな思いをしてきました。

このまま夫と暮らし、もし、子どもができたら、一生夫婦として添い遂げていけるのか…少し前から、不安になっています。
夫は不器用ですが、やさしいところもあるので結婚を決めましたが、最近では、夫を心から好きではないのかもしれないと思い始めています。
このまま一緒にいても、夫の子どもを産みたいと思えるようにはならないかもしれない、と不安がつのるばかりです。

私の悩みをよそに、主人は仕事から帰ってきてもすぐテレビ、黙ってご飯食べて、勝手に寝てしまう…という毎日を過ごしています。夫婦での会話はほとんどありません。
「離婚」という言葉が、いつも頭の隅にをあります。

【カウンセラー回答】

夫婦がもめたとき、一番大切なのはコミュニケーションです。

まずは、今、何が問題なのかを伝え合うこと。
次に、その対処についてそれぞれの意見を交換すること。
どちらかに強い意志があるのなら、、片方がリーダーシップをとるのも一つの方法です。

とにかく問題をはっきりさせ、お互いの意思確認をしてください。
本当は当たり前のはずなのに、意外と出来ていない人が多いのではないでしょうか?
夫婦としての明確な目的を決めたり、優先順位を考えておかないと、後々すれ違いが生じることになりかねません。

朝起きたら「おはよう」、帰ってきたら「ただいま」「おかえり」…それ以上の会話は、夫婦だからしなくてもいいと思っている人がいたら、まず意識を変えましょう。

「以心伝心」などと、高をくくっていてはダメ! コミュニケーションを怠っていては、いらぬ誤解をまねき、夫婦関係のもたつきも起こりやすくなります。
夫婦だからこそ、当たり前のことを大切にしましょう。
>

申し込みフォーム