相談事例

これから、嫁とどうかかわっていけばいいのか分かりません。

  • その他
年齢:50代
性別:男性
結婚暦:25年

【相談事項】

結婚して、もう長い月日が経ちます。その結婚生活の中で3人の子供を授かりました。やっと末っ子の娘が結婚を機に巣立つことになり、約25年ぶりに夫婦水入らずを過ごすことになります。私はその時を結構楽しみにしていたのですが、何やら嫁が浮かぬ顔をしていました。話を聞けば、老後の生活が心配で仕方ないと言います。結婚してからずっと、私の横暴な言動に耐え続けていたとのことです。

確かに、私には人前では嫁をけなしてしまう癖があり、よその奥さんと比べては「お前は気が利かない」だの「○○さんの奥さんはいつまでも綺麗だけどお前は……」だの、言い続けたことがあり、モラルハラスメント、モラハラと言われたこともあります。最近ではもうそのような言動も慎んでいました。そのことだけが原因かどうかは分かりませんが、嫁は娘が嫁いだあとは一人で暮らすことも視野に入れているようです。

私としては、ここまで長い夫婦生活でしたので、最期まで添い遂げたいと思っています。それでも、嫁の気持ちを知ってしまった今、どう会話をしていいのか分からず、うまく意思の疎通ができません。私には離婚をするしか道はないのでしょうか。

【カウンセラー回答】

結婚して25年ということで、今年は銀婚式でしょうか。そんなおめでたい年に、奥様からのそのような言葉、寝耳に水だったことでしょう。

25年という結婚生活の中で、奥様とお二人で暮らした経験は最初の数年ほどだったのでしょうね。久しぶりに訪れる夫婦だけの生活に、子供のために生きてきた奥様としては、たいへん不安になっておられるのではないでしょうか。お子様に使っていた時間が丸々自分の時間になるので、二人になってしまったときの時間の使い方にも悩んでいるのでしょう。お子様も3人おられるとのことですので、お子様全員がいなくなってしまうことでどこか寂しさを覚えてしまっているのかもしれません。

また、あなたは人前では奥様のことを悪く言ってしまうようですが、それはおそらく照れ隠しもあったのではないでしょうか。そう言った言動は男性にはよくあることです。
今までの言動も奥様に謝罪し、それから日頃の感謝の気持ちを言葉にして伝えてあげてください。そうやってあなたが奥様のことを支えてあげることで、奥様を安心させてあげましょう。今、あなたとの離婚までお考えの奥様ですから、その考えを落ち着かせるためにも奥様が趣味などに打ち込める時間も増やしてあげるといいかもしれません。その分、あなたも家事のお手伝いや分担をしてあげてくださいね。

少し落ち着いてきたら、二人で出かけてみるのもいいでしょう。気分転換が大切です。二人だけの楽しい生活を送るためにも、今、あなたが奥様を和ませ、サポートしてあげてください。今、何をするかが今後の奥様との暮らしにとって重要になってきます。
あなたと奥様がこれからも幸せに暮らせることを離婚カウンセラーの私たちは願います。

申し込みフォーム