相談事例

介護が原因で離婚を迫られ……

  • 病気・鬱
年齢:40代後半
性別:男性
結婚暦:15年

【相談事項】

私の母なのですが、数年前に認知症であると診断されました。最初は軽度であったため、嫁が面倒を見て介護していたのですが、最近はずいぶん症状がひどくなってきているようで、嫁や私のことも突然わからなくなってきました。

先日、「ここまでくると、もう面倒を見きれない。疲れた」と嫁から離婚を要求されました。この春からは息子も進学のために家を出ますので、嫁にまで出て行かれると、私はどうすればいいのかわかりません。

嫁に離婚を何とか思いとどまらせたいのですが、どういう行動に出ればいいのやら相談させて下さい。何かよきアドバイスをよろしくお願いします。

【カウンセラー回答】

奥様から離婚を切り出されて困惑されているようですね。
ここで1つお伺いしたいのですが、あなたはお母様の介護のお手伝いを何かされていますか?もし、あなたに介護意識が全くない、無関心、その上家事も十分に手伝っていないというような傾向があるのなら、今すぐ改めてみてください。もしも、そのような態度だったとしたら、奥様が疲れ果ててしまうのも無理はありません。

あなたが介護のお手伝いをされていたとしても、今奥様はたいへんお疲れのようです。まずは介護に疲れを感じてしまっている奥様に、休暇を差し上げましょう。奥様だけの時間を楽しんでいただくために、旅行をプレゼントするのもいいかもしれません。
そして、あなたは家事を率先して手伝ってあげてください。そのときに、日頃から家事、そして介護まで行ってくれていた奥様への感謝の気持ちもしっかりと言葉で伝えてください。

介護は、自分たちだけではつらいと感じる状態になってきているようなので、思いきってヘルパーさんにお願いしましょう。そうすると、奥様の負担も軽くなるので、疲れさえ癒えれば奥様の考えも変化するかもしれません。もし、介護のお手伝いが少し足りないようであれば、まずはあなたの言動、行動から改めてみてください。今の環境から、よりよい状態にすることが解決策につながります。お二人がよりよい夫婦生活を送れますよう、祈っています。

申し込みフォーム