相談事例

妻の浮気発覚でも離婚も考えない拘束夫

  • 浮気・セックス
年齢:40歳
性別:女性
家族構成:夫:45歳 子ども:12歳(長女)

【相談事項】

結婚して15年、夫はとてもやきもち妬きで、私を拘束し続けています。初めは愛されていると思えていたのですが、最近では、夫の拘束に疲れてしまっています。
夫は、私の行動までを管理したがります。「きょうはどこへ行っていたんだ?」「昼は誰と食ったんだ?」と、私の行動を根掘り葉掘り聞いてきます。新婚当初はのんきに、心配してくれるんだ、愛されているんだと、私は喜んでいました。今思えば、私もいけなかったのです。一度も「うるさい」とか「しつこい」とも言わず、素直に答えていました。

そんな日々にうんざりしながらも、子どもができれば、夫も変わると期待していました。でも、結局、何も変わりませんでした。
そして今、私も40歳になり、子どもも小学6年生になりました。それでも、私の行動を探るような電話が、毎日かかってくることは変わりません。
私は「働きに出よう!」と決心しました。まずは、家の近くでパートをしてみました。少しだけ自分の自由な時間を過ごすつもりでしたが、パート先で、素敵な男性と知り合ってしまったのです。彼は、パート先のお店のオーナーでした。はじめは、一緒に働けるだけでうれしくて仕方がありませんでしたが、そのうち、2人で出掛けるようになりました。デートは昼間に限定されていましたが、私は、久しぶりの自由とときめきで興奮していました。そして、1か月ほど前、ついに、私たちはホテルに行きました。私は、秘密を持ってしまったこと、夫以外の男性に抱かれたことで、すっかり舞い上がっていました。

私は、ホテルのマッチをバッグに入れて持ち帰っていたのです。たまたま、夕食の支度途中で帰ってきた夫が、めざとく私のバッグの中のマッチを見つけてしまいました。そのときの夫の怒りは、相当なものでした。私は土下座して謝った上に、ことのいきさつを洗いざらい話しました。浮気はもちろん、パートにも二度と行かないと誓約書を書かされました。
「おまえは、俺がこんなに大切に思っているのに、それでも裏切るのか? 」と夫は言いますが、私は監視されているような毎日が嫌になってしまったのです。
「そんなに許せないなら、別れてください」という私に、「俺は、一生おまえを手放すつもりはない」と、今まで以上に監視を厳しくすると言いました。私は浮気がバレたことで、夫からの束縛はより酷くなったのです。
それからというもの、夫は日に何回も、行く先々にまで、電話をかけてくるようになりました。もう、たくさんです! 離婚しかないのでしょうか?


【カウンセラー回答】

このような拘束したいタイプの男性やストーカー体質の人は、自分がコントロールしやすい相手をいつも探しています。そして、欲しいモノを手に入れたときには、異常なほどの執着を示してしまうものです。
それに気づかず、妻は少しのんき過ぎたようですね。夫から自分の所有物のような扱いを受けていると気づいたら、はっきりイヤだと意識表示をすべきです。我慢をし続けると、人はあるとき爆発します。
妻の苛立ちはわかりますが、どんな原因があったとしても、浮気をしてしまえば、当然、不利な状況になります。
浮気をしたホテルのマッチを見つけられてしまうとは…。普通なら離婚となり、夫から慰謝料を浮気相手とともに取られてしまうケースですから、誓約書ですんでよかったともいえます。ただし、誓約書を書いて約束したからといって、このタイプの夫は決して安心することはないはずです。これからこそ、忍耐が必要です。

申し込みフォーム