相談事例

主従関係の夫婦

  • 性格・価値観
年齢:26歳
性別:女性
家族構成:夫25歳・子ども1歳(長女)

【相談事項】

夫婦の関係について悩んでいます。
夫はいつも自分の都合のよいように私を扱っているように感じます。こうした関係を改善したいと思っています。
私と夫は出会ってすぐに付き合うことになりました。それは、恋愛経験の乏しい私が、夫の積極的なアプローチに押され、言われるままにこたえてしまったからだと思います。
そして、夫の要求にこたえるうちに子どもができてしまい、つき合い始めてから1年ほどで、なし崩し的に結婚をしてしまいました。
夫は、結婚後も私のために何か我慢するのはイヤだし、家事などの分担も面倒だから、する気がないと言います。
また、私が夫の要望を察して、先回りしないと、機嫌を損ねて怒鳴ったり、私を無視し続けることもあります。私は幼い子どもの世話をしながら、いつも夫に気を配っていなければならず、疲れてしまいます。
今の、主従関係のような夫婦関係を脱するには、どうしたらよいのでしょうか。

【カウンセラー回答】

世代的に、「夫は仕事、女は家事」という役割をはっきりさせている熟年夫婦は少なくありません。 若い夫婦でも、そういった考えの夫は意外に多いものです。
そういう場合、夫婦はまるで「主従関係」のような間柄となり、夫は妻を部下のように扱い、対等なコミュニケーションをはかろうとも思っていないものです。
妻のほうも、夫のために尽くし、「この人に着いて行けば安心」と考えている、という特徴があります。
ですが、妻がふと「女としてみられていない」とか、「まるで家政婦と思われている」などと気づいたときに、離婚を考え、相談に来られることになります。

ほとんどは、夫からの「いつもありがとう」とか、「美味しいよ」など、ちょっとした一言を求めているだけで、女性はその一言だけで頑張れるのものです。
どんなに我慢強い妻であっても、「褒めて、気づいて」というメッセージを発しているものなのです。
この世の夫たちは、こんな妻からのメッセージにまったく気づかないことが多すぎるように思います。

これでは妻の不満が解消されるわけありませんよね。

申し込みフォーム